OfficeBooleはExcel(エクセル)VBAでみなさまのお仕事をサポートします
office boole logochoro
代 表 : 末永尚登(スエナガヒサト)
E-mail : suenaga@officeboole.com
TEL / FAX   : 095-893-6090
携 帯 : 070-4087-0025



Excelマクロ(VBA)作成代行サービス

お客様に代わってExcelマクロ(VBA)をお作りします

 例えばこんなことで、お困りではありませんか?

  • Excel(エクセル)を使った業務が多いので、自動化して仕事をもっと効率化したい。
  • 小さな仕事なので外注に出しずらい。  
  • どうすれば業務の効率化が図れるのか分からないので、相談に乗ってほしい。
  • マクロを自作したが、一部のみ(実現できていない箇所のみ)作成し、完成させてほしい。     
  • 至急でExcelの報告書を作成したい。
  • Accessで入力したデータをExcelで使いたい。(ExcelのデータをAccessで使いたい)
  • 高価なソフトは導入できないが、自社専用の業務ソフトを持ちたい。
  • アンケートデータの集計とそのグラフ化を自動で行いたい。
  • 今までに蓄積されたデータをデータベース化し、今の仕事に活用したい。
  • Excel2010、2013などを導入後、動かなくなったマクロを動くようにしたい。
  などなど、お困りのことがあれば何でもご相談ください。

問合せ → suenaga@officeboole.com

 料金 2,000円から作成代行致します

例えばデスクトップへ自動でフォルダを作成したい、随時表示されるデータにハイパーリンクを設定したいなど、単機能の処理だけでも作成いたします。
もし完結したマクロ作成でしたら、およそ6,000円〜20,000円くらいの料金を目安とされてください。(※マクロの規模により、もっと費用がかかる場合もございます)

当方ではマクロ・VBA作成代行サービスを、なるべく安く早くご提供できるよう努力しますが、 もしご予算に不安がある場合は、あらかじめご連絡いただければ、可能な限り予算内で収まる方策も検討いたします。

問合せ → suenaga@officeboole.com

 お見積りとご依頼(発注)方法

サンプルファイルやお客様のご要望を、メールまたはFAXで送っていただければ、すぐにお見積もりをいたします。 また、自動実行の相談だけでもしてみたいという方でもOKです。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 納品までの流れ図

問合せ → suenaga@officeboole.com

 Excelマクロ(VBA)で、あなたのお仕事を効率化!

サンプル画像

今では表計算ソフトの代表とも言えるExcel(エクセル)で、毎日仕事をされている方はきっと多いことでしょう。
でも、そのExcelを使った作業で、結構面倒なデータ入力や集計、帳票印刷等を毎回手作業で行っているということはありませんか?
または同じような内容のファイルがたくさん存在してしまい、管理が行き届かなくなってしまったということはありませんか?

単純な繰り返し作業や手順が決まっている定型処理は、コンピュータ(パソコン)が最も得意とするところです。人間に比べて処理速度も格段に速いですし、処理も正確です。
逆に単純作業は人間が最も苦手とするところです。苦痛を伴いますし、時間が長くなればなるほどミスも増えていきます。
ですから誰でも、「これらの作業をパソコンにやらせることで、空いた時間をもっと有効に、利益に直結することに使いたい!」と考えることは当然のことでしょう。

最近『マクロ(VBA)を組めば、ある程度業務を自動化できて仕事が楽になることは分かっている。
でも自分でやるとなると、ある程度の勉強が必要だし、時間もないし…』ということをよく耳にします。
でも、本当にExcelマクロは自分で組まなければいけないのでしょうか? → 続く


データフロー

 マクロとVBAの違いとは?

VBAとは、マイクロソフトのOffice製品に組み込まれている、専用のプログラム言語を指します。(Visual Basic for Applications:MSアプリケーション用のVBの意)

Excelでは通常マクロと呼ばれることが多いですが、中身のコードはVBAそのものです。
ですから本当はVBAで記述された操作手順をマクロ、その手段に使う言語をVBAと呼び分けるべきですが、一般にはどちらも同じ意味で使われることが多いようです。
(ここでも便宜上マクロ=VBAとして説明しています。)

マクロは「ツール→マクロ→新しいマクロの記録」で誰でも簡単に生成することができます。
しかしながら、少しマクロの便利さが分かってくると、記録したマクロをもう少し汎用的に使いたいとか、またはある特定の条件のときだけ実行させたいなど、新たな要求も生まれてきます。
これは残念ながら記録マクロだけでは対処できません。
どうしても既存のマクロに一部変更を加えたり、あるいはまったく最初からVBAでコーディングしなければならなくなります。 それを利用者自身で行わなければならないわけです。
ここで多くの初心者の方はあきらめてしまわれるようです。

→よく寄せられる質問(FAQ)




1.VBAではこんなことが可能に!

ではVBAを利用するとどんなことができるようになり、何が便利になるのでしょうか?
ここでは実際にExcel(VBA)で作った家計簿ソフトを例に、操作の流れを見ていきましょう。

Excel家計簿を動かしてみよう
マイ家計簿メイン画面
  1. メニュー画面の説明
  2. 初期値を設定する
  3. データを入力する
  4. 集計結果を表示する
  5. データの一部を変更する
  6. データをテキストファイルに書き出す
  7. その他

2.マクロ(VBA)体験のお勧め

Excel(エクセル)マクロは、初心者の方でも簡単に作ることができます。あなたもマクロを作ってみませんか?
結構普段Excelを使いこなしている方でも、”マクロは使ったことがない”という人は多いようです。
でも一度体験すると、”こんな便利な機能をなぜ利用しなかったのだろう?”と思われること請け合いです。
自分用にコード(VBA)を手直し(カスタマイズ)することで、さらに使いやすくなります。
論より証拠。では、まず始めましょう!

簡単なマクロ(VBA)を作ってみよう
  1. マクロを記録する
  2. 記録したマクロを実行してみる
  3. 記録したマクロを修正する
  4. 修正マクロを実行する
  5. ショートカットキーを割り当てる

VBAでプログラミングを体験してみよう
  1. どういう結果がほしいか考える(グループ小計を得る)
  2. 計算手順(アルゴリズム)を考える
  3. VBAの命令に置き換える(コーディング)
  4. 誤りを見つけて修正(デバッグ)する
  5. 動作結果を確認する


以下は皆様(私も含めて)がExcelやVBAを操作する祭の参考やヒントになればと思い、掲載するものです。
ここに説明していることは、当然ながら私が独自に考えたものばかりではありません。Excelのヘルプはもとより、市販されている書籍やネット等で見かけるものも多いはずです。
実は私が実際に仕事をする上で、よく些細なことを調べるために時間がとられるので、備忘録的に記録しておこうと思い立ち、自分が便利なように整理して載せているのです。
したがって皆様がそのまま利用しようとすると、分類が不規則だったり、中には意味不明な記述があるかもしれません。その点はご容赦ください。
ご自分の環境、条件に合わせて変更していただければ、きっとお役に立てることもあろうかと思います。
データ入力テクニック
Excelでデータを何件も入力するときに便利です
Excelのヒント集
・集計、検索、抽出に関するもの
複数の条件で集計したいとき ⇒ 配列数式を用いた集計
一行おきに集計をとりたいとき ⇒ ROW関数の利用
「ワイルドカード」を使った検索条件の指定 ⇒ COUNTIF関数であいまい検索
数字の末尾が"000"のデータだけを抽出したいとき ⇒ 文字列のセルを設ける
フィルタで抽出したデータ件数を表示させたいとき
関数の範囲指定をしたくないとき
AND条件で判定をさせたいとき
明細と合計値が合わないとき
 
・編集、表示に関するもの
計算式がエラーになる場合を回避したいとき
8桁の数字を日付形式に変換する方法
氏名、住所等にふりがなを振るとき
日付入力で曜日までを自動表示させたいとき
「Alt」+「Enter」キーで改行した複数のデータを元に戻したいとき
メールアドレスの自動リンクを解除したいとき
セル中の文字列を均等割付けしたいとき
セルを結合せずに文字をセンタリングしたいとき
セル幅の異なる表を上下に並べたいとき
CSV形式のデータ読込み時に、前ゼロの数字が消えてしまうとき
1行おきに書式設定したいとき
表示されているセルのみのコピーしたいとき
編集済みのセル値を他の文字列と連結させたいとき
入力した文字がセルの左端に近すぎて見にくいとき
セルの選択時にメッセージを表示させたいとき
生年月日から年齢を求める
 
・入力、削除に関するもの
重複入力を防止したいとき
楽して何度も同じデータを入力したいとき
選択した項目に対応するリストを表示したいとき
入力した計算式を他人にいじられたくないとき
重複データをまとめて削除したいとき
 
・シート、ブックに関するもの
エクスプローラからワークブックが開けないとき
シート上のすべてのオブジェクトを選択したいとき
ブックを他人に見られたくないとき
ブック間でリンクを張りたいとき
 
・グラフに関するもの
横棒グラフで系列の順序が逆になったとき
グラフ作成後に元データの一部を非表示にしたいとき
複数のグラフのサイズを統一したいとき
 
・その他
作業中に「メモリ不足」が表示されるとき
印刷に条件が付くとき
セルやセル範囲に名前を付ける
ファイルが開けなくなったとき(壊れたファイルの復旧)
セルに入力した時間で計算したいとき

VBAのヒント集
・行、列、範囲、セル操作に関するもの
可視セルのみをコピー&ペーストする
全セルを調整、初期化する
表の1行目(見出し)を除いた範囲を選択する
セルの値を分割して別の各セルへ配置する
データの最後の行番号を取得する
一定間隔での行挿入を一括実行する
空白行を一括で削除する
ある範囲の中での相対的位置を指定する
クリックした行に色を付ける
範囲名を自動で設定する
Changeイベントで特定セルを判定する
特定のセルのみ選択できるようにする
シート上のコマンドボタンから他シートを操作する
ロックがかかっていないセルを調べる
データが入力されているセル幅を自動調節する
シート行の最大値65536を使わずにデータの最後行を取得する
値のみ(計算式が入ったセル以外)をクリアする
指定したアドレスから列名を取り出す
連続したセル範囲の値を配列に格納する
必ず指定したセルが画面の左上隅に表示されるようにする
選択(クリック)した行に色を付ける
値貼り付けを簡潔にコーディングする
スクロールエリアを制限する
レベル制御(小計の出力)
 
・シート、ブック、その他の操作に関するもの
同じフォルダにある別のBookを開く
「開く」ダイログを使ってファイル名を取得する
フォルダを指定してファイルを選択する
ツールバーに自作のマクロを登録する
メニューバーに自作のマクロを登録する
テキストボックスで数値以外のキーを受け付けないようにする
グラフの元データを任意に変更する
テキストファイルに書き出す
ファイルを削除する
FSOを使ってファイルを削除する
テキストファイルの読み書きいろいろ
クリックしたオブジェクト名を取得する
ワークシート上のすべてのオブジェクト名を調べる
ユーザーフォームの「×」ボタンを無効にする
グラフサイズを統一する
1つのシートだけのブックを新たに作成する
自動リンクの更新メッセージを表示させないでブックを開く
自動でショートカットを作成する
新規ブックに名前を付けて保存する
マクロモジュールを他のブックへコピーする
マクロモジュールを解放(削除)する
現在開いているブックの一覧を取得する
ユーザフォームに動的にコマンドボタンを追加する
リストボックスを複数列にして見出しを付ける
Excelの「×」ボタンを無効にする(マクロからのみ終了可能にする)
メッセージを表示させないでブックを閉じる
文字列を選択状態にする
フォームを表示した状態でワークシートをスクロールさせる
ユーザーフォームを任意の位置へ表示する
特定文字列を含むBook名からその正式名称を取得する
ユーザーフォームを画面いっぱいに表示させる
名前を付けて保存ダイアログを呼び出す
OnActionプロパティを使って、実行マクロに引数を渡す
セルサイズに画像のサイズを合わせる
開いているすべてのフォーム名を取得する
ワークシートにイベント処理を記述しない
オブジェクトのセル番地を取得する
シートに保護がかかっているかどうか調べる
押されたボタン(フォーム)の名前を取得する
複数オブジェクトを選択する
入力後のセル移動を変更する
フォルダ内のファイル名をリスト表示する
 
・処理速度の制御に関するもの
一時的に再計算を止める
集計の処理速度を上げる
画面更新を一時的に止める
処理確認のメッセージを出さない(警告メッセージの抑制)
マクロを一定時間停止させる
一定間隔でマクロを実行させる
 
・その他
コーディングの誤りを見つける(デバッグ方法)
任意の数(乱数)を取得する
テキストファイルに書いたコードを標準モジュールに挿入する
右クリックメニューにマクロを登録する
引数の数が不定の関数を作成する
SendKeysステートメントで他キーとの組み合わせを指定する
論理値を反転させる
計算式の中で文字列を引用符で囲む
Excelのバージョンを調べる
パスからファイル名のみを取り出す
メニューバーの一部を無効にする
フォルダ参照ダイアログでパスを取得する(API利用)
フォルダ参照ダイアログでパスを取得する(WSH利用)
マクロ名をマクロウィンドウに表示させない
メニューにチェックマークをつける
ブック内のハイパーリンクアドレスをすべて抽出する
右クリック時にショ−トカットメニュ−を表示させない
ファイル名を変更(リネーム)する
拡張子を特定してファイル一覧を取得
InputBox関数で押されたボタンを識別する
InputBox関数で文字のみ入力可能とする
各ワークシートのタイトル(年度表示)を一括して変更する
特殊フォルダのパスを取得する
VBAにファンクションキーが押されたことを認識させる
多次元配列で各配列要素の上限を求める
1月1日から数えて指定日が第何週目かを調べる
ユーザーフォームにハイパーリンクを設定する(ドキュメント内リンク)
生年月日から年齢を計算する
プログラムの途中で配列を初期化する
VBAでのファイルコピーとファイル削除
空白を含む文字列からすべての空白を取り除く
ワークシート関数と同等のRound関数(算術型丸め)を使用する
ワークシートのオブジェクト名を調べる
一時的にプリンタを変更する
ファンクションキーに任意のマクロを割り当てる
固定長レコードを読み込みたいとき
選択したオブジェクトのみを処理する
サブフォルダをリストアップする

知っていると便利な機能
・Excelに関するもの
複数シートに同時に同じ内容を入力する
たくさんあるシートの中から1つのシートを直接指定する
シート上のオブジェクト(ボタン、テキストボックスなど)を印刷させない
残りのすべてのセルに計算式を入力する
オートシェイプ(図形)配置の微調整をする
オートシェイプ(図形)をコピーする
重なったオブジェクトの下層を指定する
システム日付を入力する
複数行にデータを連続入力する
図形をグループ化する
複数のシートがあるブック全体を印刷
図形(シェイプオブジェクト)を一度に削除する
テキストボックス内でEnterキーのみで改行させる
オートフィルを使わずに連続データを作成する
データ件数を確認する
一時的にふりがなを表示させる
データの端へ移動する
2重線の下線を引く
時刻にAMまたはPMを入れる
入力したデータを、対応した文字に変換する
データをグループ化して、表を見やすくする
テキストボックスをセルの大きさに合わせる
ワークシートに複数行を挿入する
[ファイルを開く] ダイアログボックスから検索する
ロックがかかっているセルを調べる
フォルダにアドレスバーが表示されない(Windows XP)
表示を千円単位にする
モジュールやフォームを他のブックへ簡単にコピーする
セルの列幅をコピーする
すべての数式を一括表示する
1000000を1,000と表示させる
ワールドカードを他の文字に置換する
入力したデータを、セルに表示させない
 
・Wordに関するもの
罫線を簡単入力する
文章中の不要な改行だけを削除する
改ページさせる
段落内で改行する
漢字入力中に半角スペースを入力する
日付(時刻)を自動的に表示する
差し込み印刷で桁区切りカンマを表示させる
 
・その他
ショートカット・キー
ブラウザに現在のCookieの内容を表示する
パソコン内部のCookieファイルを確認する
デスクトップアイコンにショートカットキーを割り当てる
ファイルの関連付けApplicationを変更する
フォルダ内の画像ファイルを全て縮小サイズで表示する
辞書登録語のテキストファイル化とファイルからの登録
新規メールにあらかじめ宛先・件名を記入する
複数のメールをひとつにまとめて保存する
ホームページのソースコードを表示すると文字化けする
ブラウザのスクロールダウンとアップ
Excel、Wordの起動が極端に遅い
コマンドプロンプトの開始ディレクトリを変更する
コマンドプロンプトから日本語(漢字)を入力する
レファレンス
・Excel/VBAに関するもの
カラーインデックス番号対応表
ワークシートとブックの仕様(Excel2000,2003)
変数の基本データ型
型宣言文字
データ型変換(キャスト)関数
組み込みダイアログボックス一覧表
FaceID一覧表


 調べたいキーワードを入れて「Officeテクニック検索」ボタンをクリックしてください。
関連するテクニックの一覧を表示します。

moug


English Here


 


office boole banner 長崎県長崎市 Office Boole 末永 尚登
E-mail: QYN00313@nifty.com   TEL/FAX: 095-893-6090