OfficeBooleはExcel(エクセル)VBAでみなさまのお仕事をサポートします
office boole logochoro
代 表 : Office Boole 末永尚登
E-mail : suenaga@officeboole.com
TEL / FAX   : 095-893-6090
携 帯 : 070-4087-0025



 自分で組むことのメリットとデメリット

マクロ(VBA)を自分で組むことのメリットは何でしょう?

一つは、データに機密情報が含まれていても、外部に漏れることがありません。
二つ目は、作成途中で自由に仕様を変更でき、開発後の修正も容易なことです。
三つ目は、費用がまったくかからないことでしょうか?これが一番大きいですね。

■機密を漏らしたくない

確かに扱うデータに機密情報が含まれている場合は、そう簡単に外部に委託なんてできませんね。 最近は個人情報保護法も出来ましたし、データの扱いは極力慎重に行わなければなりません。
でもダミーデータをこさえることができるなら、それで間に合いませんか?
なにも実際に運用しているデータである必要はないのではありませんか?
あらゆるケースを想定したテストデータを用意できれば、本物と同等の、あるいはそれ以上の運用テストが行えます。

■仕様を後から考えたい

個人で作られる場合、だいたいにおいて、作りながら仕様を徐々に固めていくという人が大半でしょう。
私も趣味で作成する場合はそうします。また、そうした作り方のほうが楽しいです。
でも仕事上そういう作り方は、効率的でしょうか?
自分で作るのだから、それでも支障はありませんが、ときに根本的な重大なことに後から気づく場合があります。最悪、最初から考え直さなければいけなくなる場合も出てくるでしょう。
仕事で作る場合は、どうしてもコストを意識しなければなりませんから、極力後戻りしないで作りたいものです。
ところで他人に作成を依頼する場合は、仕様をあやふやにできませんから、一応最後まで検討してから依頼されることと思います。 事前の検討の段階で、今まで気づかなかった問題点などが見つかる場合もあるので、初めに仕様を固めておくことは大変大事なことです。
それでも後から変更・修正は必ず発生しますが、それは仕方ありません。
要は効率の問題です。

■費用をかけたくない

最後に費用についてですが、これは皆様が最も関心を持たれる部分ではないかと思います。
確かに自分で作れば、開発費というものは直接発生しません。
しかし実際は業務の合間にプログラミングをしたり、またはある仕事を後回し(犠牲?)にしてせっせとマクロを組んでいるはずです。 このプログラミングにかかった時間というのは、人件費というコストになりますから、実際には時給×開発時間という形で誰かが支払っていることになります。
さらにマクロに精通した人が作るよりも2倍も3倍も時間がかかったりして、しかも不具合も多いかもしれません。
結局、外部に依頼するか自分で作るかは、どの程度の規模のもので、どの程度の難易度を持つマクロかにより、先ほどのコストと効率を考慮して判断すべきでしょう。

HOMEに戻る



 


office boole banner 長崎県長崎市 オフィス・ブール 末永
E-mail: QYN00313@nifty.com   Tel/Fax: 095-893-6090